トップ / 賃貸の保証人の制度とは

賃貸の保証人の制度とは

賃貸の契約の重要な点

賃貸契約時の初期費用の前家賃

賃貸契約を正式に交わす時には、初期費用と言ってある程度のまとまったお金が必要です。初期費用は、一般的には家賃の6か月分が目安とされています。初期費用のひとつに、前家賃1か月分があります。これは、前払いが原則の賃貸物件の家賃について正式に契約が成立した時点で翌月分を支払うものです。さらに、契約した月からの入居を希望するということであれば、その月の分も家賃についても支払い義務が発生します。当月の家賃は、日割りで残日数を請求されるのが一般的です。

床材

↑PAGE TOP