トップ / 快適な住宅をつくるヒント

快適な住宅をつくるヒント

真に住みやすい住宅

人に優しく快適な住宅を建てる

体の不自由な高齢者や身体障害を持つ人が住みやすく快適な住宅作りは注文住宅に勝る物はありません。住む人の希望にそった住宅作りができます。昇り降りの大変な階段も昇降機を取り付けることにより、介護の人の手をわずらわせることもなく昇り降りができます。道路や玄関にいたるまで緩やかなスロープ等を付ける工夫を行うことにより車椅子での通行が容易になります。スロープを設置することにより階段等段差がなくなり足をつまずいたりして転倒する危険性がなくなります。家の中に手すりを付けることやできるだけ段差をなくすこと身体障害のある方に優しい家作りです。

床材

身体障害者も住みやすい注文住宅

身体障害者にも住みやすい住宅を作るには、誰にでも対応出来るユニバーサルデザイン対応の注文住宅建築に定評のあるハウスメーカーや設計事務所に依頼するのがおすすめです。同じ階の床の段差を作らないように工夫され、つまずくことがないように配慮されます。住宅の広さ等の問題で2階建てや3階建てにせざるを得ない場合でも、階段の勾配をなだらかにし、段差を極力小さくしたり、転落しても大きな怪我につながらないようにコの字型の構造になるよう考慮してもらえます。落ちないように滑りにくい素材を使用したり、しっかり捕まっても握りやすく、袖口を引っ掛けにくい手すり等、身体障害者の使いやすさに配慮してもらえます。

↑PAGE TOP